知って得する家計管理のやり方
知って得する家計管理のやり方 | 09月10日更新

共働きの場合

共働きの場合

夫婦で働いていると、忙しいせいもありますが家計管理がなかなかしっかりできないという家庭も多いようです。
しかし、共働きだからこそ出費のチェックをしながら家計管理をしていく事は重要であり、将来のための貯蓄も効率よく行っていく事ができます。

一般的に家計管理をしているのはご夫婦のうちどちらですか?という質問に「妻です」と答える方が半数近い確率でいらっしゃいます。
また、夫が管理をしている家庭も3割近くを占めており、殆どの共働き夫婦はどちらか片方が家計の管理を行っている事になります。

では、お互いにそれなりの収入がある共働き夫婦の家計管理はどのような方法を取られているのでしょうか。
一番多いのは、夫婦で共用できる口座を作り、そこへお互いの給料から一定額を給料日に入金しておき、残りはそれぞれが自由に使えるという方法。
その次に多いのが、家賃や公共料金などは夫の収入から、食費は妻の収入からという風に支払いの分担を決めているという方法です。
そしてやはり、残ったお金はそれぞれ自分で自由に使えるお金とするという方法です。

共働きの夫婦というだけで、家庭の事情は異なっており、子どもの数や年齢などによっても教育費に掛かる金額が大きく違ってきます。
ただ、共働きだからこそ金銭面である程度余裕を持って生活している家庭が多く、教育費に掛かる時期でも貯蓄の面をしっかりと考えている方が多いようです。

家計簿などもお互いの出費を把握できるように付けていたり、収入からの出費が不公平にならないようにチェックできるという事でも利用されています。
どうしてもルーズになりがちな共働きの家計管理は、お互いの収入や支出を家計簿などでしっかり把握する事で、ストレスなく円満に生活していく事ができます。
貯蓄は世帯収入の2割ほどが丁度良いと言われており、それを超えると少々無理のある生活をしているという事になります。
あまり節約にこだわり過ぎず、お互いが近い価値観で生活していく事が一番大事だと言えるでしょう。

The following two tabs change content below.

知って得する家計管理のやり方事務局

会計管理の仕組みを知り、実践できるようになれば、お金を貯めることができます。こちらで内容を確認をしておきませんか?

最新記事 by 知って得する家計管理のやり方事務局 (全て見る)

top